ログイン 新規会員登録 会員上方修正 ショッピングカート
Tax Free Information クロンヌフェイスブックページ
クロンヌロゴ
お問い合せはこちら

トップページ > 使えるヴィンテージ パテックフィリップ 570J


ヴィンテージウォッチの楽しみ方はいろいろ。
限りなくオリジナルを追及し観賞する趣味人もいれば
ファッションに合わせて普段使いする趣味人もいます。


今回は『使えるヴィンテージ パテックフィリップ』をコンセプトに
1950年製のRef.570カラトラバをパテックフィリップ・ジュネーブ本社工房の修復チームにレストレーションを依頼しました。


修復チームいわく
『その使命は、技術上、美観上の観点からタイムピースが製作された当初の機能や美しさを出来る限り維持することです』
期待に胸を膨らませ待つこと8か月、費用数十万円、カラトラバは見事に蘇りました。

今回のハイライトは文字盤の修復です。
オリジナルを追及する場合、一番の悩みは文字盤。
当時の文字盤の材質、表面処理等は、現代の紫外線、湿度、環境の想定はしておりませんし素材、原料もありませんでした。
数十年前から、空調の整った室内で保管されてきた個体以外は必ず経年変化があります。
もちろんそれを楽しむ趣向もありますが、そのまま使えば必ず朽ち果てます。


オリジナルを保存するには現代の自然環境下では「使わない」という選択しかありません。
私たちも文字盤の修復に関しては色々なジレンマを抱えております。
オリジナルを重視するか、使うことを重視するか。

シンプル美のお手本のようなRef.570は
当時としては珍しく35mmと現行品に近いビッグカラトラバ、
そしてスーツに合わせるには最高のイエローゴールド&シルバー、
であれば『使えるヴィンテージ パテックフィリップ』と考えるしかありません。


一番きれいで一番使える、そして一番かっこいい。
私たちからの答えがここにあります。
現行品のカラトラバとはまた違う佇まいをお楽しみください。


きれいすぎて使えないのでは?というお問い合せは受けかねますのでご了承ください。

商品ページへ戻る
古物商許可番号 / 東京都公安委員会 301120707872号 株式会社クラン
Copyright (C) 2011-2016 CLAN Company Limited All Rights Reserved By using this site, you agree to our Privacy Policy.